他のファンドとの比較

BMキャピタルとエクシア合同会社(EXIA)を比較!運用成績や口コミ・評判から運用を考えるとおすすめはどちらのファンド?

BMキャピタルとエクシア合同会社(EXIA)を比較!運用成績や口コミ・評判から運用を考えるとおすすめはどちらのファンド?

BMキャピタルと最近よく名前を聞くようになったエクシア合同会社を比較してみたいと思います。

資産を増加させていくには、長期にわたり堅実に、損を出さずに複利運用していくことが必要ですが、その場合どちらが最適なのでしょうか?

BMキャピタルとエクシア合同会社の概要

BMキャピタル

BMキャピタルについては、すでにまとまった記事がありますが、ここでも一応簡単な情報は記載しておきます。

会社名 BMキャピタル合同会社(BM CAPITAL LLC )
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-18-1
代表社長 森山武利
事業目的 1、金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
2、各種事業への投資
3、有価証券の自己募集
4、経営コンサルティング業務
5、前各号に附帯する一切の業務

 

資産運用において最も大切なことは「損失を出さないこと」です。長期のパフォーマンスを生むためには、毎年プラスの収益を出し続け、複利の効果を活用しポートフォリオの資産価値を年々増加させる必要があります。 そのためには、投資におけるリスク管理能力が重要となります。BM CAPITALは何よりも損失を出さないことを信条とし、十分に割安な株式にのみ投資を行い、出資者の皆様の長期における資産形成に貢献します。

引用:BMキャピタルHP

 

BMキャピタルの代表は森山武利氏です。

同ファンドの投資手法はバリュー株投資を採用しています。投資事例としては以下のようなものがあります。バリュー株投資とは、先人の言葉を借りれば1万円札の入った財布が5000円で売られているような株」に投資をする手法です。

価値ある企業」を財務分析や会社訪問などをして見定め、「相場の地合い(企業固有の問題ではない株価下落)により安くなったタイミング」で投資をする手法です。詳しくは以下の記事群を参照してください。

あわせて読みたい
【バリュー株投資】下落相場に強い低リスク投資?BMキャピタル(CAPITAL)の投資手法と注意点について解説
【バリュー株投資】下落相場に強い低リスク投資?国内バリューファンドBMキャピタル(CAPITAL)の投資手法と注意点について解説BMキャピタルは日本株に投資をしてリターンを獲得する国内ヘッジファンドです。 https://openhouse-int.com/...
あわせて読みたい
BMキャピタルが投資した時の金下建設の純現金性資産と時価総額の関係
BMキャピタルの投資戦略を過去の組み入れ銘柄「金下建設」を例として解説!本格的なバリュー株投資実績を紹介。BMキャピタルはバリュー株投資とアクティビスト投資を組み合わせて安全性を維持しながら安定したリターンを出し続けています。 http...
あわせて読みたい
BMキャピタルの投資事例②:キクカワエンタープライズの投資実績をわかりやすく紐解く!
BMキャピタルの投資事例②:キクカワエンタープライズの投資実績をわかりやすく紐解く!BMキャピタルの安定したリターンは本格的なバリュー株投資戦略とアクティビスト戦略の組み合わせであると以下の記事にてお伝えしています。 ...

 

同社のファンドマネジャーは東京大学を卒業後、誰もが知る外資系金融機関に勤務、その後独立しすでに日本株バリューファンドのマネジャーとして10年ほどの運用実績があります。

ファンド設立からバリュー株投資を実践し、マイナスを出さず、堅実なリターンを獲得するという理想的な運用を行っております。

基本的に、短期で大きな利益を狙うような投資をするファンドではないので、長期投資で安全に資産を増やしていきたい人向けです。(そもそも短期で大きな利益を狙う投資などなく、それは投機であり博打に近いです)

 

エクシア合同会社(EXIA)

商号 エクシア合同会社(旧エクシアジャパン)
本社所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー15階
代表 菊地翔
設立 2015年
事業概要 1.企業向け事業性融資事業
2.個人向け投資不動産用融資事業
3.プライベート・エクイティ(PE)投資事業
4.外国為替証拠金取引等 CFD 取引での投資事業(自己資産運用)

 

エクシア合同会社はFXでの運用と聞いておりましたが、HPを見る限りでは企業向け事業性融資事業、個人向け投資不動産用融資事業、PE投資事業など、かなり事業性の高いものになっているのでしょうか。

スキーム

設立は6年目となっており比較的新しい会社ですね。

資産運用を同社にお願いするというよりは、各種事業への資金援助によるリターンを期待するという方針になりそうですね。

 

両ファンドを比較

それでは比較していきたいと思いますが、そもそもかなり毛色が違う事業体同士であり難しいです。

出資者目線では運用手法、成績、最低出資額、ファンドマネジャーの経歴が気になると思いますので、そちらを取り上げます。

 

運用手法

すでに上記の会社概要で触れましたが、BMキャピタルはバリュー株投資で日本株からリターンを獲得しています。

エクシア合同会社は、各種事業への投融資なので、これは投資手法というよりもベンチャーキャピタルに投資をしていると考えた方が良いのかもしれません。

仮想通貨関連の会社を買収したニュースなどが流れていましたね。

 

ファンドマネジャーの経歴

BMキャピタルは東京大学卒の外資金融機関バークレイズ証券出身の敏腕マネジャーです。

私募ファンドなどを選ぶときに、最低限学歴や職歴などの経歴がしっかりしている先を選ぶのが正解であると欧米のヘッジファンド選びでも言われておりますが、BMキャピタルに関しては申し分ないですよね。

 

エクシア合同会社のファンドマネジャーは菊池翔氏。同氏の経歴は複数のブログでスタンダード&プアーズ、コメルツ、フィッチ等の外資系金融機関でキャリアを重ねたと書いてありますが、これは金融機関ではないような。

スタンダード&プアーズとフィッチは格付け会社でコメルツはたしかにドイツの銀行ではあります(パリバと事業統合済み)。

とはいえ、エクシア合同会社もFXがメインではなく事業体への投融資がメインとなっているので、そもそも事業に明るい人材が会社に集まっているのかどうかが肝になってくると思います。その意味ではファンドマネジャーの比較も必要ないのかもしれません。

 

運用成績

BMキャピタルに関しては平均年利回り10-20%程度でマイナスを出したことがありません。

エクシア合同会社についてはHPでも公開情報がないので各種ブログで探しましたが月利2-3%とのことでした。運用利回りのみで見ると当然エクシア合同会社が圧倒的に上回ってしまうのですが、これは噂ベースの話になりますので話半分で見ています。

 

月利3%は年利で言うと42.6%なのですが、これですと世界で一番利回りが高いと言われる米国ルネサンステクノロジーのメダリオンファンドの平均利回り39.1%を超えてしまいます。あくまで、噂ベースの話だと思いますので、実際に面談で運用実績は聞いた方が良いでしょう。

どのような事業体に投融資しているのか、その点も聞いた方が良いのかもしれませんね。

 

個人的には、日本株に投資をしている確実に資産を育ててくれるBMキャピタルが投資の王道だと感じています。

何よりも長期にわたる実績と下落相場でも安心して資産を任せられるのが大きいです。

 

最低出資額

BMキャピタルが1000万円から、エクシア合同会社は100万円からと少額です。

BMキャピタルの方が、出資のハードルとしては高くなっています。ヘッジファンドは多くの出資者の対応をしきれないため、大口の顧客のみを集めるのが基本です。

エクシア合同会社とBMキャピタル、長期投資でおすすめはどっち?

長期投資という観点で、BMキャピタルとエクシア合同会社のどちらに投資をするのかと言われれば、筆者はすでに出資をしているBMキャピタルを選ぶます。

エクシア合同会社はベンチャーキャピタルに投資をするようなもので、その投融資の実績を見てからかと思います。事業も株式相場と同様、リスク点在しており、エクシア合同会社がどのような会社に、何社規模で投融資をしていて、そのポートフォリオが公表されていればある程度わかるかもしれませんが、それは公開必須事項ではないのでわからないでしょう。

イメージとしては上場企業でいえばジャフコなんかが有名ですね。

PF

堅実な資産運用をするのであれば、BMキャピタルで長期投資すれば良いのではないかと思います。

投資歴7年の投資家による完全ガイド

ヘッジファンドという形式ゆえ、なかなか実態が掴めないBMキャピタル。

2015年から投資を行っている筆者によるBMキャピタルの全てをお伝えしているページは以下となります。以下の点をお伝えしています。

✔︎ 会社概要
✔︎ ヘッジファンドマネージャーがどんな人か?
✔︎ どのような投資手法で運用しているのか?
✔︎ 他のファンドと比較して魅力的なのか?
✔︎ 出資するための方法や解約の条件とは?

BMキャピタルに興味があるという方は是非ご覧いただければと思います。

BMキャピタル完全ガイド