BMキャピタルの詳細

【バリュー株投資】下落相場に強い低リスク投資?国内バリューファンドBMキャピタル(CAPITAL)の投資手法と注意点について解説

【バリュー株投資】下落相場に強い低リスク投資?BMキャピタル(CAPITAL)の投資手法と注意点について解説

BMキャピタルは日本株に投資をしてリターンを獲得する国内ヘッジファンドです。

あわせて読みたい
【2022年】日本のヘッジファンド10選を評価!おすすめ順にランキング形式で紹介する。 
【2022年】日本のヘッジファンド10選を評価!おすすめ順にランキング形式で紹介する。 ヘッジファンドはどのような環境でもリターンを狙う絶対収益型のファンドとして世界で愛好されています。2016年時点で3兆ドルつまり3.3兆...

 

堅実に資産を守り育てるという理念の下、決して派手な成績を出すわけではないですが、信頼感のある運用を行っています。

 

今回はそんなBMキャピタルの投資手法について触れていきたいと思います。同社はバリュー株投資を実践していますが、私自身も挑戦したことがある手法です。

しかし、まさに玄人でないとリターンが獲得できない、非常に難しい手法です。

初心者は個別株に投資をするのであれば、バリュー株とは真逆のグロース株投資から始めた方が良いでしょうね。

 

BMキャピタルの投資手法はバリュー株投資

BMキャピタルの主な投資手法は「バリュー株投資」です。

BMキャピタルが採用するバリュー株投資の生みの親はあの「オマハの賢人」、バフェットの師匠であるベンジャミングレアム氏です。

ベンジャミン・グレアム

ベンジャミン・グレアム氏の投資対象は「1万円札の入った財布が5000円で売られているような株」という言葉はあまりにも有名です。

 

バリュー株投資は多くの人がPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)、PSR(株価売上高倍率)などを手掛かりに「割安度」を判断し投資するものと考えています。

 

これは大きな勘違いであり、バリュー株投資とはもっと奥深いものなのです。

ベンジャミングレアム氏が提唱する基礎を捉えながら、大まかなバリュー株投資の戦略を言ってしまうと、「価値ある企業」を財務分析や会社訪問などをして見定め、「相場の地合い(企業固有の問題ではない株価下落)により安くなったタイミング」で投資をする手法です。

企業分析力」と「投資タイミング」が肝となります。

 

当然、財務諸表を読み込み、バランスシートで経営が盤石かどうかも確認しますし、以下のような理論株価も計算してみたりするでしょう。

理論株価 = (① 純資産+② 将来の事業利益)÷ 発行済株式数

 

この理論株価や現金性の資産が時価総額に対してどのくらいの水準なのかなど、数字遊びはできますがバリュー株の本質はそんな小手先でやるようなことではありません。

この小手先部分は誰でも実践できます。私でもエクセルを使えばすぐにできます。しかし、これでバリュー株投資が成立するはずがないのです。

 

バリュー株投資とはもっと困難なもので、投資を数年齧った程度で体得できるものではありません。自称バリュー株投資家には気をつけましょう。一流の外資系金融などで経験を積む必要があります。

 

企業分析においても、その企業の業績はどれくらい長く安定し続けるのか、時代に応じて現在の経営者はどのような経営方針を取っているのか、提供している商品は市場を独占しているのか、圧倒的なブランド力を持っているのか、財務諸表だけでは読み取れないものがたくさんあります。非常に手間もかかります。

 

また、投資タイミングが非常に難しいです。基本的には相場全体が下がった時に「割安」となった時に買いにいくのがバリュー株投資です。

しかし、下落局面で買いにいくというのはとても難しい投資判断になります。

株価が下がる企業とは、基本的にゴミ株です。ゴミに見えるが魅力のある、今後株価が上がる企業を見つける必要があるのです。これは実際に自分が経営者として働いたキャリアがあったり、相場経験が長くないと絶対に成果は出ません。

 

相場には重力があり、一度下がっていくとどこまで下がっていくかわからないのが相場です。しかし、バリュー株投資家はそれでもどこかで投資をしていく必要があります。非常に投資タイミングにシビアにならざるを得ず、中途半端な知識でバリュー株に手を出すのはリスクが高すぎます。

 

バリュー株投資のメリットは?

大きく3つあります。

  • 下落相場に強い
  • 堅実なリターンが見込める
  • 相場環境に左右されない

 

下落相場に強い

バリュー株投資は下落相場にて、本当に価値のある、今後株価が上昇するであろう企業を探し出し投資をします。

基本的に、そのような投資手法であることから下値も限られており、成長株投資と比較するとリスクが低い投資手法となります。(当然、タイミングを誤れば損失は拡大します。玄人向けの投資手法なのです)

 

堅実なリターンが見込める・相場環境に左右されない

相場環境が悪い時でも、成長株や大型株などをオーバーパフォームするのがバリュー株投資です。ただし、派手な運用成績も残すのは難しいです。

投資の鉄則には、「損失を出さない」というものがあります。

損失さえ出さず、資産が確実に増えているのであれば、利回りがたとえ小さくても「複利」が働いてリターンを拡大していってくれます。

 

例えば、簡単な数字で表すと、1000万円を投資する。毎年5%の利回りを出す。

1000万円1050万円、1103万円、1158万円、1216万円、1276万円という推移で資産は増えていきます。

5%利回りというと毎年50万円だけ増えていく印象を持ってしまいますが、6年目には1276万円と単利であれば1250万円のところ26万円もリターンが増加しています。

 

これは元本が大きくなればなるほど、時間軸が長ければ長いほど、増大なものになっていきます。しかし、損失を出さないというのは相場では生半可な努力では成立させるのは難しいです。

そこで、BMキャピタルのようなバリュー株投資を確立したファンドが評価されるということです。

 

バリュー株投資のデメリットは?

短期間での大きなリターンは獲得が難しい

バリュー株投資は安定していて素晴らしいとは思いますが、短期間で派手なリターンを出すことは難しいです。

市場平均をアウトパフォームしていきますが、大きく利益を伸ばしていくのは比較的時間がかかる手法なのです。守り育てる手法なので当然ではありますが。

そこで、長期にわたり株価が上昇しない場合を避けるため「アクティビスト」としての活動をファンドは行うのです。

 

アクティビストとは、企業の大株主となり、経営に参画し株主提案を実行していくことで株式市場に良い材料を提供していき、まだその企業の価値に気づいていない投資家の注目を集める活動を指します。

バリュー株投資を実践するBMキャピタルのファンドマネジャーも、アクティビスト的活動を行ないこのバリュー株投資の弱点と言える部分を克服しています。

 

まとめ

BMキャピタルの投資手法についてまとめてみました。

非常に難易度の高いバリュー株投資を体得し、相場で成果を出しているファンドになります。長期安定運用を考える人向けの投資先と言えるでしょう。

 

投資歴7年の投資家による完全ガイド

ヘッジファンドという形式ゆえ、なかなか実態が掴めないBMキャピタル。

2015年から投資を行っている筆者によるBMキャピタルの全てをお伝えしているページは以下となります。以下の点をお伝えしています。

✔︎ 会社概要
✔︎ ヘッジファンドマネージャーがどんな人か?
✔︎ どのような投資手法で運用しているのか?
✔︎ 他のファンドと比較して魅力的なのか?
✔︎ 出資するための方法や解約の条件とは?

BMキャピタルに興味があるという方は是非ご覧いただければと思います。

BMキャピタル完全ガイド